So-net無料ブログ作成

感音性難聴 治療薬・検査 [感音性難聴 原因・治療法]

nancyo01.jpg



年がいっているわけでもないのに、すでに耳の聞こえが悪く、この先に大きな不安を抱えていたとしても、 補聴器をつけようか迷う必要がなくなり、快適な毎日を取り戻せる難聴治療法がこちら







耳が聞こえづらくなると、耳鼻科に行ってみてもらうのが一般的な治療となりますが、

難聴は原因を把握しづらいことはお医者さんの間では有名な話で、診断をしてくれたとしても、

それから効果的な治療をしてくれるケースはほとんどありません。


depression1.jpg

むしろ、病院で難聴を克服できるケースは非常に稀なケースで、ほとんどの患者さんは、

どんな治療をしても難聴が治ることがないばかりか、症状悪化に不安な日々な毎日を送るのが現状です。



そんな中、日本リバースという東京の茅場町にあるクリニックでは、ほぼ全員が難聴を克服しているという実績があり、

これまでに5万人以上が難聴治療を受けています。

images (6).jpg








nancyo04.jpg


今野式難聴改善エクササイズは、日本リバースで代表を務めている今野清志さんの治療内容をまとめたDVDマニュアルで、

たくさんの患者さんで連日のように大行列となって、診察を受けるのを待つことなく、自宅で手軽に自分でも治療ができるようになっています。


今野さんはちなみに、難聴治療に関して医学書を読み漁り、本場中国まで渡り、新たな中医学をもう一度学んできた経験を持ち、

これまでの治療実績が認められて、官公庁や民間企業からの講演依頼を受けたりするほか、

雑誌でもたびたび難聴治療の名医として紹介されています。
今野さんの詳細な実績・プロフィールはこちら




難聴を引き起こしている原因の一つとして内臓疾患が挙げられていますが、

特に腎経・膀胱経が弱っていることが共通しています。


nancyo07.jpg


今野式難聴改善エクササイズでは、こうした内臓疾患も改善することによって、難聴の症状を克服していくため、

全身疲労やスタミナ不足や膀胱炎などなど、難聴以外の体の不調もどんどん改善してしまうという効果があります。


>具体的にどんなことをしていくのかというと、こちらに詳細な説明がありますので、

ここではいくつかポイントを紹介すると、



nancyo06.jpg

■難聴を改善できる耳の周辺、顔の回りの様々なツボ

■耳ととても深い関係にある内臓について

■混合性難聴とは?

■難聴の耳の構造と働きについて






こうした内容となっていて、血流障害も改善していくため、

むくみやリンパ系の疾患の症状緩和にも効果があります。








今野清志さんのホームページには、今野式難聴改善エクササイズで難聴を克服できた人たちの体験談が紹介されています。

nancyo03.jpg



こんな治療法があったんだとびっくりしました。

会話がスムーズに聞こえるようになってきました

体が何かすっきりして、軽くなり、音がはっきりと聞こえます。

前よりも聞こえるようになったと感じています。





こうした声にあるように、みんないろんな悩みや不安を抱えたいたものの、


■右側が全く聞こえなくなくなっている

■テレビの音が家族には聞こえても自分にはほとんど聞こえない

■日に日に聞こえる音が小さくなっている

■薬を飲んでも全然治らない。








中医学の14経絡療法に基づいた治療をしていくと、

みるみるうちに耳の聞こえが良くなるのを実感できます。


今野式難聴改善エクササイズの理論的背景は、簡単ではないものの、

そういった知識を身に着ける必要はなく、あなたも、自分ですぐにできる手軽な治療を実践していくと、

1か月もしないうちに、↓のようになることができます。


pict1.jpg



以前に比べると、耳の聞こえが良くなり、耳鳴りもしなくなってきました。

聞こえ方も全く違いました。

今までとは全く違っていました。

音の聞こえが今までと全く違って、聞こえました。













nancyo09.jpg

音の聞こえる範囲がどんどん広がっていくのを実感できる今野清志さんの今野式難聴改善エクササイズを実践してみるにはこちら












共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。